映像制作の重要項目

プロモーション映像制作といっても多種多様です。販促で使用する場合もあれば、イベントやプロモーションで使用する場合もあると思います。使用目的が何であっても基本となる考え方は同じです。ここで制作にあたって重要な項目について、お伝え致します。

企画・シナリオ・コンテ

紹介したい商品やサービスを、文章化する作業が企画です。いつ、どこで、誰に、何を、なぜ、どうやってという5W1Hもしっかり押さえましょう。「誰に」と「なぜ」のアピールは重要なので、しっかり整理します。この企画が映像制作の結果を左右するので、しっかりと検討することが重要です。企画ができればシナリオ制作にとりかかります。企画やイメージを活用して、構成やストーリーを練ります。こうしてストーリーができあがるとコンテを描きます。コンテとはイラストや静止画などを、漫画のように表にまとめることです。映像制作の設計図が完成したら、次の作業に移ります。

素材を集めて映像制作

動画や写真、音楽や効果音など、シナリオやコンテに基づいた素材を収集します。実際の映像制作では撮影にあたる作業です。この素材収集で気をつけなければならないのが、肖像権や著作権です。有名女優や流行曲、商用使用できない画像やアニメなどを無断で使用すると法律で罰せられます。最悪の場合、訴訟を起こされたり、社会的信用を損ねる結果となるので、十分気をつけなければなりません。素材収集が一段落したら画像や音楽、動画やテロップなどの編集作業を行います。

映像アップやプロモーション

映像作品が完成したら動画サイトにアップしたり、パソコンに保存してプロモーション活動に活かしましょう。プロモーション用の映像作品は、文章や画像だけの説明より威力を発揮します。

大阪にある当社は京都や神戸などの関西から全国まで、映像制作を承っています。企業プロモーション映像、思い出アルバム、イベント用映像、販促用DVDなどもお任せください。プロの映像制作はクオリティが高く、効果的なプロモーション活動を手助けいたします。お見積り無料なので、ぜひご活用ください。

page top